【滋賀の夏休み】涼しさを求めるなら多賀の『河内の風穴』がオススメ!

子育て

こんにちは!ゆきちです( ^ω^ )

世は夏休み!続く猛暑!そしてコロナ禍。

小学生のお子さまと暮らすママさん、パパさん、辟易としていませんか?(笑)

ホントにおつかれさまですッ!!

今回は、

  • 夏休みにオススメで、
  • 暑さを忘れる涼しさで、
  • 大自然でひろびろ距離をとれる

そんな場所に行ってきました!

その場所の名は、

河内かわち風穴かざあなです!

夏休みにどこに行こうか悩んでいるパパママや、続く猛暑の中、涼を求めておられる方、滋賀に旅行に行く予定がある方にオススメです( ^ω^ )

ぜひご覧ください!

河内の風穴ってこんなとこ!

  • 〒522-0301 滋賀県犬上郡多賀町河内
  • 河内風穴観光協会
  • TEL 0749-48-0552
  • JR彦根駅からタクシーで30分
  • 名神高速道路なら彦根I.C.から12Km(25分)
  • 入場料:大人500円小人(5才以上)300円(団体は30名以上で各100円引き)
  • 駐車場:300〜400円(場所による)

河内の風穴とは、今からおよそ55万年前にできた、全国で3番目の大きさを誇ると言われる鍾乳洞です。現在は「滋賀県天然記念物」に指定されています。

総延長は10000m以上(10km以上!)もあり、その全体像は現在も解明されていないそうです。

その昔、洞窟内に犬を放したところ、鈴鹿山脈の反対側、遠く伊勢市に出てきたという伝説が残っているとのこと。

観光できるのはそのごく一部だけなのですが、それでも圧巻の大きさで、太古のロマンと涼を求めた人がたくさん訪れる人気のスポットとなっています。

駐車場は風穴に近いほど高い

河内の風穴に近ければ近いほど駐車料金は高くなります。

と、言っても400円。

でも、時間制限があるので2時間で400円です。

近くの駐車場が満車の場合は、さらに山奥へ進むように誘導されますが、広い駐車場などではなく、普通の民家のお庭に駐車させてもらうスタイル。

地域の方が協力して車の誘導や駐車場の提供をされているようです。

風穴から数百メートルの民家のお庭などに駐車した場合は、少し歩くことにはなりますが、その分300円で時間無制限で駐車することができます!

でも、小さなお子さんがいるご家庭は、100円高くても、近くの駐車場がいいかも。空いてるかどうかはその時の混雑具合ですが、可能ならお子さんとママさんを先に降ろしてあげた方がいいかもしれないですね。

風穴の観光自体は、30分もあれば行って帰って来られるのですが、近くで食事したり、川で遊んだりするなら、時間は無制限の方がありがたいのかもしれません( ^ω^ )

スニーカーとズボンがマスト!

鍾乳洞に行くんだから、当然スニーカー履いて行くでしょ!と思うじゃないですか。

意外と、アクアサンダルやおしゃれサンダルで来てる方が多かったんですよ。

え?散歩がてら?鍾乳洞なめたらアカンで。

みたいな方が結構いたので驚きました。

お目当ての風穴に辿り着くまでに、階段や山道を5分ほどかけて歩かなければなりません。

途中、川があったりもします。すごくキレイな清流です。

少し下りられる場所もあるので、水に触れることができました。

川に少し近づいただけでひんやりした空気を感じることができます。

川の近くに下りる時は気をつけてくださいね。

冷たくてとってもキレイな川の水です!

山道も、車いすやベビーカーは通れないので、赤ちゃんを抱っこしながら、小さい子の手をひいて歩いているママさんもいましたが、山道はなんとか登れたとして、風穴内は足場も悪いので、一人で何人ものお子さんを連れて行くのは本当に大変だと思います!

ワタシも、コロナ禍じゃなければ、お子さんのひとりを抱っこしてあげたいくらいでした。←ギャン泣きされるわw

足場が濡れていたり、岩がゴロゴロで不安定なので、手すりを持たないと危ないな、と思う箇所も多々あります。

なので、まとめると

  • 一人で複数の乳幼児を連れている方
  • 足腰が弱く、一人で歩けない方
  • 泥酔している方
  • お腹の大きい妊婦の方
  • スニーカー履きたくない方
  • スカートしか持っていない方

には、厳しいコースかもしれません。

舗装されている道も一部あるけれど、一人しか通れない幅なので、往路・復路で譲り合いながらになります。

でも、そこでお礼を言い合ったりして、全然知らない方とコミュニケーションがとれて楽しいです♫

あと、うっかり尻もちついたら、100%汚れるので、汗もかくだろうし、着替えとタオルも持参するといいかも( ^ω^ )

鍾乳洞内の移動は往復で20分くらいです。

むちゃくちゃ涼しい!

汗をかきながら、階段や山道を登ると、ヒヤッと冷風を感じる場所に辿り着きます。

入り口こそ、すごく狭いですが、岩をくぐり抜けると、開けた空間に出ます。

外が35℃と猛暑だった分だけ、むちゃくちゃ気持ちいい温度!

風穴内に設置されている温度計を見てみると、

10℃‼︎

まさに避暑地!

10℃じゃ寒すぎるだろ!と思うかもしれませんが、外が暑かった分だけ、身体が冷えるまで時間がかかるからか、寒くない!

あと、風穴の中も移動し続けるので、動いているからか、寒く感じない!

上から水がポタリ。ヒャッ!と驚きますが、それもまた気持ちいい(๑>◡<๑)

念のため、上着を持参していましたが、使用することなく風穴を出ました。

風穴を出ると、また暑い‼︎

涼しさに後ろ髪を引かれる思いで下山しました。

ふわふわトロトロかき氷!

風穴は涼しかったけど、往復路でとにかく汗をかく!

河内の風穴を出てすぐにお食事処があったので休憩しました!

奥山の癒やし処「風緑(かざみどり)」
550円〜とリーズナブル!

あまり見たことのない「甘酒」のかき氷と、「摘みたてイチゴ」を注文しました。

このシロップのイチゴや甘酒は地元で採ってつくったもので、地産地消

イチゴシロップは、ゆるいジャムのような、手作りのイチゴジュースのような、自然の味で、甘過ぎないので最後まで飽きずに美味しい♡

シロップは自分でかけるスタイルがありがたい!

甘酒も、飲むには濃いけど、氷にかけて丁度いい!最後は飲み干せるので、冷やし甘酒として( ´∀`)b

氷もふわふわで、口の中でスーッと溶けていきます。

身体の中からヒンヤリとして、暑さからの解放!

ふわふわだからか、天然水でつくった氷だからか、頭がキーンとなることもありませんでした。

シロップは別添えで、自分のタイミングと好みの量を調節できるので何気にありがたいです(๑>◡<๑)

透明度バツグン!川遊び

今度来たら、思いきり遊びたいなー!

全然想定していなかったこと。

それが、近くに川があることと、その川の水のキレイさ!

今まで見た川の中で一番キレイでした。

さきほどかき氷を食べたお店の裏から階段を使って川へ下りることができます。

まさか川遊びすると思ってなかったので、着替えを持参してなかった!

ごめんね、娘!今回は足だけ!

次は水着や着替えを持ってリベンジしようね!

足だけでも充分なくらい冷たくて気持ち良くて、35℃くらいの気温を忘れてしまうほど。

お子さまだけでなく、大人の方もぜひ、足だけでも川に浸かって暑さを忘れてください( ^ω^ )

ただ、川は急に深くなったり、水温が低いので怪我をしても気付きにくかったりと、やっぱり危険もあります。

お子さまから絶対目を離さず、大人の方も充分注意した上で浅瀬で楽しんでくださいね!

ちゃんぽん亭でお昼ごはん

かき氷を食べたお店にはお蕎麦などもあったのですが、せっかくなので、多賀から彦根へ出て、お昼ごはん(o^^o)

ちゃんぽんと言えば長崎県が思い浮かびますが、実は滋賀の近江ちゃんぽんも美味しくて人気なんですよ♪

近江ちゃんぽんは、野菜がたくさん入った中華そばのイメージ。和風だしベースであっさりしています。

長崎ちゃんぽんとの違いは、野菜を炒めているか煮込んでいるか、などいろいろあるようですが、近江ちゃんぽんは近江ちゃんぽんで美味しいんだからそれでいい!(笑)

あ!お酢で味変するのは、近江ちゃんぽんの特徴かも!

レンゲ一杯程度のお酢を入れると味がまぁるくなって、更に美味しくなります。ぜひお試しください!

ワタシが注文したチゲちゃんぽんにもお酢を入れると、辛さが少しマイルドになってますます美味しくなります(๑>◡<๑)

滋賀に来たらぜひ食べてみてほしいものの一つです♫

ちゃんぽん亭総本家オススメです!

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回は、「河内の風穴」をご紹介しました。

ワタシが思ったことは、

  • いつでも川遊びができるように着替え常備!
  • 鍾乳洞はスニーカーとズボン必須!
  • 身体の中と外、ひんやり最高!
  • ご当地でしか食べられないものは美味い!
  • 自然と触れ合うことって大切!

と、いうこと。

毎日夫とワタシは仕事で、しかもコロナ禍だから、娘は家に閉じ込めている状態。

たまには「地球ってでっかい!」ってことを実感しなければ( ^ω^ )

今年の夏休み中に川遊びリベンジ行ってきます!

最後は、多賀の名物、「糸切り餅」をお土産に買って帰りました。

甘さ控えめで美味しかったよ!

みなさんもぜひ、滋賀に遊びに来られた際は、お土産に買ってみてくださいね♪

今日も最後までお読みいただきありがとうございました!

では!

おしまい♪

タイトルとURLをコピーしました